トップ

インフラ技術の継承と創造


【新着順】

回顧録作成支援業務 [パッテンライ]アニメーション出前上映
「回顧録」作成の支援をします。経営者の方で、次の世代に伝えたい思いなどを冊子にしてみませんか? 台湾で最も知られた日本の土木技術者の物語が映画になりました。出前上映いたします。
詳しくはこちら 詳しくはこちら
地盤調査資料の活用法伝授します 構造物の長寿命化対策支援します
例えば「国際化が進み施主に英文報告を提出する場合のノウハウ」等を伝授します。 公共構造物の長寿命化対策を支援・提案いたします。
詳しくはこちら 詳しくはこちら
お 知 ら せ情報south_hemispher-cruseReport■第28回定例懇談会及び特別報告その3は、8月30日(水)13:30~15:30 建設コンサルタント企業年金基金会議室にて開催された。議題は、1)土木学会『シビルNPO連携プラットホーム(CNCP)』について(1)活動概況(2)会員状況でした。特別報告その3、秋口守國氏の「南半球の船旅(2)都市と交通」は、南アフリカと南米4都市訪問記事として都市交通開発技術者の視点に立った観察と示唆に富んだ描写であった。

■平成29年度(第11期)総会、臨時理事会及び特別報告は、6月23日(木)14:30~16:45 建設コンサルタント企業年金基金会議室にて開催された。議題は、1)平成28年度事業報告及び決算報告2)平成29年度事業計画及び予算3)役員の改選4)cncpについて等であり、滞り無く終了した。特別報告は、秋口守國氏の「南半球船旅旅行記(その2)」は、映像写真もあって再好評を博した。

■平成29年度第1回理事会は、5月17日(水)13:30~15:30 建設コンサルタント厚生年金基金会議室にて開催された。議題は、平成29年度(第11期)定時総会開催要領であった。議題の内、CNCP会員の継続について討議され当分の間会員継続と活動継続する。特別報告 :秋口守國氏の「南半球船旅旅行記」は、3ヶ月に渡る長期の船旅とあって好評を博した。

■第27回定例懇談会は、平成29年2月21日【「アメリカの鏡:日本」に学び、今後の世界情勢を考える】を主題に自由討論を行った。主題が大きいので第一次及び第二次世界大戦の概要から入り、予想されていたように焦点の定まらないものになりました。しかしながら、近現代歴史の再確認となりました。その後場所を変えて新年会を兼ねて懇親会を行った。

■平成28年9月一ヶ月かけて、秋口守國さんが、精力的にアセアン5か国を巡り、各国のインフラ整備状況と国情を俯瞰的に踏査した最新情報の旅行記を執筆しましたので、ご紹介します。題名『アセアン5か国の旅ここからPDF版にてダウンロード可能です。

■第26回定例懇談会は、1)土木学会「シビルNPO連携プラットフォーム(cncp)」についての報告事項2)話題提供「東南アジアを旅して」秋口守国の講演と「アメリカの鏡・日本」清野茂次司会による自由討論を行った。その後3)忘年会を楽しんだ。

■第25回定例懇談会は、Ⅰ報告事項としてCNCPに於ける1)クラウドソーシング「シビルマッチ」への登録依頼と2)シンクタンクチームへの参加依頼Ⅱ話題提供 清野理事長は、かねてからの「アメリカの鏡・日本Mirror for Americans JAPAN」の読後感と要約を示された後に、我が国の現代史について、会員相互による自由討論の司会を行った。我々の専門分野から離れているが戦後71年を迎えて、戦後史のタブー、自虐史観等が盛り上がり次回に続く模様となった。

■この「災害と安全問題」自由討論は、討論議長:清野理事長、ラポター:秋口副理事長により全会員参加型でとり行われた。討論要旨は、災害から身を守るために=(市民工学の立場から災害・事故と安全・安心を考えるを表題として取りまとめました。ここからPDF版にてダウンロード可能です。

■平成28年度(第10期)総会+第24回定例懇談会は、平成28年6月8日(水)建設コンサルタント厚生年金基金会議室にて開催され、滞り無く終了した。議題は、平成28年度総会議事次第(活動の歩み)に示す。懇談会における話題提供テーマは、「災害と安全問題」で議論が盛り上がり白熱した。次回の定例懇談会は、8月23日(火)13:30~16:00に決まった。話題提供として清野理事長から書籍、「アメリカの鏡・日本Mirror for Americans JAPAN」の読後感を提案された。

■平成28年度第1回理事会は、5月18日(水)13:30~16:00 建設コンサルタント厚生年金基金会議室にて開催された。主議題は、平成28年度通常総会開催要領であった。

■第23回定例懇談会は、「シビルNPO連携プラットホーム(CNCP)」の近況報告、話題提供として秋口副理事長の紀行文「東南・南アジア気まま旅」の講話と大野事務局長から『当会の課題と将来~いかにブレイクスルーするか~』と言う積み残した重いテーマで、次の內容について説明されたあと討議に入った。1.当会のありたい姿、2.課題、3.現行の提供サービス、4.今のままで課題を解決し、目標を達成できるか、5.課題の解決に向けて、6.提案 尚、懇談会の各資料は【活動の歩み】欄にPDF判にて各々載せた。

■第22回定例懇談会は、12月9日(水)14:30~16:45 建設コンサルタンツ厚生年金会議室にて開催された。議題は、Ⅰ土木学会『シビルNPO連携プラットホーム(CNCP)』について(1)平成27年度通常総会の概要の報告とII話題提供 秋口守国副理事長による『ドイツ・スイス旅行記及びインドネシアの交通事情』ほか であった。その後場所を変えて、毎年恒例の「忘年会」を行い会員相互の親睦増進と当会の発展を図った。

■第21回定例懇談会は、予定のとおり平成27年9月9日(水)に開催され、土木学会「シビルNPO連携プラットフォーム(CNCP)」の報告と秋口副理事長による『地域振興支援事業 北中城村、豊見城市』の概要報告があった。その講演は、好評を博しました。

■平成27年度(第9期)総会は、予定のとおり平成27年6月17日(水)建設コンサルタント厚生年金基金会議室にて開催され、滞り無く終了した。議題は、平成27年度総会議事次第(活動の歩み)に示す。

総会後の定例懇談会では、須山副理事長による「初めての能楽鑑賞」の話題提供がありました。オペラに匹敵する日本文化の真髄である能は、舞台に於ける「歌い」と「舞い」の物語でできている。それらの演目と流派等々の入門・紹介でした。 懇親会は、場所を会議室から四ツ谷駅前の某居酒屋に移し、今年度の活動に向かって会員相互の親睦をはかった。

■平成27年度第1回理事会は、5月13日(水)13:30~15:00 建設コンサルタント厚生年金基金会議室にて開催された。議題は、平成27年度定時総会開催要領であった。

■第19回定例懇談会は、平成27年2月25日(水)13時30分~15時30分建設コンサルタント厚生年金基金会議室で開催された。須山富直氏の話題提供「異国船来航と幕府の海防」は好評を博しました。その中で、当時の古文書の解説等は、興味を唆られました。尚、会議資料の詳細は、【活動の歩み】⇒定例懇談会/話題提供のコラムからPDF版にて全てダウンロード出来ます。

■第18回定例懇談会は、平成26年11月26日(水)14時30分~17時建設コンサルタント厚生年金基金会議室で開催された。その中で、秋口守國氏の話題提供『アムトラックの旅』は好奇心を誘い好評でした。その後、恒例の“忘年会”を四ツ谷駅前「むく」にて催し会員相互の親睦を深めた。尚、『アムトラックの旅』の要旨PDFを[活動の歩み]⇒[懇親会/話題提供]の右PDFボタンを押すとダウンロード出来ます。

■第17回定例懇談会は、9月10日に予定のとうり開催されました。議題と資料名をPDFにてダウンロード願います。

第15回定例懇談会出席出来なかった皆様には、219日行われた第15回定例懇談会の資料を添付させて頂きます。①第15回定例懇談会の資料と②中間支援組織設立に向けて、束ねたファイルのダウンロードをお願いします。(青色文字のところをクリック)当日は渡部篤理事に『災害時の情報伝達(』の話題を提供して頂きました。PCとプロジェクターを使ってご説明頂き好評を博しました。

■第14回定例懇談会は、1127日(水)予定のとおり開催されました。

報告事項と議題

・土木学会 建設系NPO連絡協議会の現状

・入会申し込みについて

・話題提供『会社、コンサルの営業等現状報告(仮称)』

 佐藤鐵夫理事による話題提供は、建設コンサルタンツ企業の現状と課題を抉り出して好評でした。

■平成25年9月18日、第13回定例懇談会に於ける話題提供『技術者倫理(2)』が安藤理事により盛況に開催されました。

■平成25年度(第7期)総会は6月26日滞り無く終了しました。御出席いただいた方々におきましては、ありがとうございました。総会に欠席された方は、当日の総会及び理事会の概要(ダウンロード)をご参照してください。

懇親会の場で、来る第13回定例懇談会の日時と講師の方の話題となり、参加者全員の希望により、安藤理事に「技術者倫理(その2)」をお願いすることになりました。

日時と場所につきましては、基金様のご了解も得て、9月18日(水)13:30~15時:30頃と決定致しました。

当日の資料につきましては、昨日配布された資料を使うとのことです。皆様におかれましては、事前にしっかりと予習されんことを事務局として希望致します。

また、総会の場で大塚理事から預かりました土木学会総会の配布資料につきましては、ダウンロードすることができますのでご活用下さい。よろしくお願い致します。

事務局

平成25年度総会前の第一回の理事会は、5月22日(水)に開催されました。

■2月13日の第11回定例懇談に於いて、三輪理事がビデオを使用して、コンクリートと石による土木系建造物の歴史遺産を

紹介し、石、鉄筋コンクリートと無筋コンクリート、竹などの資材について技術的な優劣などを相互に紹介・討議した。

■政権交代後のアベノミクスに期待します。昨年末、3.11被災地南三陸町を訪れた時のスナップ写真です。復興は始まったばかりです。商店街再開発、仮設住宅期間延長、高台移転等々の課題は山積です。

■第10回定例懇談会は、清野理事長「私の技術者人生と近年の技術者について考えること」の講演が予定の通り平成24年11月28日(水)13:15~15:00、建設コンサルタンツ厚生年金基金 4階会議室にて開催されました。

■第9回定例懇談会は、予定の通り平成24年9月5日に開催された。時宜を得た話題提供として『橋梁長寿命化の必要性』が中尾政徳監事によって講演され、好評を博しました。

■平成24年度(第6期)総会は平成24年6月18日(月)建設コンサルタンツ厚生年金基金 ピネックスビル4階にて開催されました。
主な議題は、昨年度の事業・決算報告、今年度の事業・収支予算計画、役員の退・選任でした。総会は、すべての議案が出席者全員の賛成を得て、とどこおりなく終了しました。

役員につきましては、監事の大野善雄理事が私事都合のため退会され、新しい監事に吉岡安司氏が選任されました。
総会終了後、話題提供 「モグラの穴はなぜ崩れない・・・・」 講師:大塚正幸理事 の講演が好評を博しました。
■平成24年度第一回理事会は平成24年5月16日にとどこうりなく開催されました。■

■平成24年4月24日(火)シビルNPO連絡会議において、大野事務局長による「温故創新の会ご紹介」のプレゼンテーションが行われた。当会の現状を簡潔にまとめたものであるので是非ご覧ください。

■平成24年2月8日(水)第8回定例懇談会の折、吉岡理事による講演「踏切事故は何故なくならないか」が行われた。

■平成23年11月9日(水)第7回定例懇談会の折、安藤理事による“熱い講演”リニアメトロ電車の研究開発事例を通して「新製品の研究開発を成功させる経験則」が行われた。

■平成23年10月7日に『温故創新の会』のパンフレットを更新しましたので左のPDF版からダウンロードできます。■

■国土交通省が東日本大震災(総括)を平成23年10月3日に作成しました。

■平成23年6月15日(月):平成22年度第5期総会を開催した■

主な議題は、昨年度の事業・決算報告、今年度の事業・収支予算計画、定款の加筆改定及び役員の選任でした。

総会は、すべての議案が出席者全員の賛成を得て終了した。

議事終了後、大長理事による「公共事業の復権」という話題提供があった。

■平成22年6月14日(月):平成21年度第4期総会を開催しました■

主な議題は、昨年度の事業・決算報告、今年度の事業・収支予算計画、役員の退・選任でした。

総会は、すべての議案が出席者全員の賛成を得て、とどこおりなく終了しました。

役員につきましては、横溝幸雄理事がご逝去のため退任、西淳二理事が私事都合のため退任され、新しい理事に花里久氏が選任されました。

議事終了後、虫プロ製作のアニメ映画『パッテンライ!!~南の島の水ものがたり』を上映しました。 (この映画は、台湾で灌漑施設の整備に尽力した土木技術者・八田與一氏の物語です)■平成23年5月11日(水):平成22年度第1回理事会を開催しました■■平成22年5月12日(水):平成22年度第1回理事会を開催しました■■平成22年1月29日:NPO法人5団体が「第2回シビルフォーラム」を開催しました■■平成21年10月28日:第1回定例懇談会を開催しました(話題提供者:須山富直副理事長)■■平成21年6月3日:平成20年度定時総会を開催しました(大塚正幸氏が特別講演)■■平成21年5月14日:土木学会が「NPO活動に関するシンポジウム」を開催しました■■平成21年2月5日:NPO法人5団体が「シビルフォーラム」を開催しました■■平成20年5月30日:清野理事長が「インフラコンサルタント物語」を出版されました